小原聖子さんの世界

念願の小原聖子さんの作品を展示することができました。
2年前から半ばストーカーのように(笑)
個展に出向いてはお気に入りを増やし
東北でもぜひ、とラブコールを送り続けて
今回オープニングに合わせて作っていただきました!
真鍮の地金そのものの色を楽しむ「Brass」、
白い樹脂塗料をかけた「White」。
質感の違いや組み合わせもおたのしみ頂けます。

象形文字や植物みたいに見えながらも、
モチーフが明確でないところが
小原さんのアクセサリーの魅力です。
化石のようにも見える。
tenjiobara05
tenji03
吊るしている本体も小原さんの作品。
小原さんは主にアクセサリーをつくっているので
それゆえ、展示では自らの作品だけで空間を作れないのが悩みだったそう。
そのコンプレックスを、同じ素材で大きなオブジェやアクセサリースタンドをつくり
アクセサリーと一体化させて克服。
アイディアとセンス、作品のもつ力で
小原聖子の世界を広い空間でも表現しています。

初めて個展に伺ったときは、人が2人が入れるほどの
小さなサーカスの布の小屋にバッジの空間を作っていました。
その中に入った時のドキドキワクワクをはっきりと覚えています。

tenjiobara06

tenjiobara04
tenjiobaratote
大きいのはバッグや帽子に。
私はキャンバスのトートやベレー帽、
あとはアウターにつけていますが
布地、ウール地なら穴を気にせず楽しめます。
穴を気にしないのであれば、ハードなレザーにも合いますよ。
badge01
母の日に合わせてお母様にプレゼントされた方も。

小原さんも福田さんも年齢に関係なくお気に召していただける作品です!

小原聖子 OBARA SEIKO
http://www.obaraseiko.com

カテゴリー: 未分類 パーマリンク