ama ブレスレット

ama01

Mi amas TOHOKUのイベントに合わせ、
amaブレスレットの販売をいたします。

以前、CIBONEさんで見つけて
なんて繊細!その上パッケージも色合いも素敵、と感動し購入。
(お値段もお手頃)
あとでひとつひとつ丁寧に被災地の方々が作っていたものだとわかり、
まずはそのセンスに驚きました。
それもそのはず。もうみなさまご存知かとは思いますが
デザイン担当したのは横尾香央留さん。パッケージは谷尻誠さん。
そしてあの歌手のジェーンバーキンさんによる
“あなた方の勇気を敬う気持で一杯です。想いを込めて”
というメッセージがプリントされています。
その字体も素敵です。

この繊細さが、丁寧に手づくりしているものだと伝わってきます。

「欲しい」と思ったものが、実は被災者のみなさんが作っていた、
というのは理想的なサスティナブルプロダクトだと思います。
ちゃんと身につけていたいと思えるデザイン。

パッケージのあのパリっぽさのあるカラーコンビネーションがツボ。
世界のいろんな方の力が合わさって、
作り手と支援者らの想いがつまったブレスレット。
贈り物としてもぴったりです。
この機会に、ぜひたくさんの方に手に取っていただけたらと思います。

私は手持ちのゴールドに加え、メンズもシルバーも欲しくなっちゃいました。
この華奢さと何気ないシンプルさが好きです。

仙台ではarrondismontさんで常時お取り扱いしています。

 

ama03
封筒代わりになっているので、裏に住所を書けばそのまま送ることができます。

 

ama project
西前 律子 / 村上 香住子
handicraft design : 横尾 香央留
package design : 谷尻 誠
logo : Andre
paper craft : MIHO
amaの意味は、ラテン語の愛する、日本語の海女、優しい気持ちを込めており、
南三陸の被災者たちを、サポートしてあげたい、という想いから
ama projectがスタート。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
amaはラテン語で『愛』という意味。
南三陸町の女性をイメージした『海女』と掛詞にも繋がる(あま)を団体名にしました。

震災直後に国境なき医師団から臨床心理士として派遣され現地入りした西前律子と、
大手雑誌社パリ支局長として20年パリに在住した作家村上香住子が、
共に7月に南三陸を訪れた後、被災地復興を願い活動を決意。

海外緊急支援活動(アフガニスタン/スリランカ/ハイチ)に
従事してきた北原聡子に声をかけて結成されました。

ama (あま) は、主に女性を対象に心のケアと活動の場を提供し、
現地の方々による現地の方々のための手芸活動を支援します。
現在週2回づつ、南三陸町の平磯仮設住宅と横山仮設住宅で活動を行なっています。
30代から80代の方々が集まり一本一本想いをこめて、丁寧に編まれています。

amaproject http://blog.goo.ne.jp/amaproject

 

ama02
dish:Satoko Sai + Tomoko Kuraharaの新作Taffy

ama04
重ね付けもGOOD。
個人的には、SilverとMen’sの組み合わせが好き。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク